荒木塗装工業(A.F.C)について

About A.F.C

歴史をつくり、『信頼と安心』の未来を広げる

荒木塗装工業(A.F.C)は、弱電部品塗装メーカーとして、昭和24年に東京都中野区にて創業。
昭和35年に現、本社所在地である東久留米市に移転。
昭和55年には各種設備の強化整備と並行して山形工場を新設し、事業を拡大して参りました。
A.F.Cの企業理念の一環と致しまして、『公害企業』と言うイメージを払拭するべく『環境保護・対策』に重点を置き、人と自然と文明の共存を目指した『地球にやさしい企業』に育てる事をモットーとし、日々の業務を進捗しております。
これからも、MADE IN JAPANを世界に送り出すため、常日頃より情報、感性のアンテナをはり、惜しまぬ努力とチャレンジ精神を持ち、日々邁進して参ります。
夢と希望に溢れたA.F.Cに、どうぞご期待ください。

ご挨拶

当社は昭和24年の創業以来、様々な時代の流れを体験して参りました。
今日では、『塗装(COATING)』の分野において、全国有数のリーディングカンパニーと有り難い評価を戴いておりますが、これからの時代、世界的にも品質管理レベル、環境管理意識レベルが更に上昇していくことは容易に想像できます。
現状に満足せず、『常にチャレンジ精神を持ち、本気ですれば何でもおもしろい!前向きに一人一人が夢を実現させよう!』という、脈々と受け継がれた経営哲学をモットーに、更なる技術向上に努め、A.F.Cをご利用いただく皆様に、信頼と安心をご提供できますよう最善の努力を尽くして参ります。

代表取締役 荒木 大輔

企業理念

  1. 常に誠意・創意・情熱・向上心を持ち、社員一人一人の成長と企業の安定性を図り、より高度で品質レベルの高い製品を作り、社会に貢献する。
  2. 人が基本であり、人が財産。働きやすい環境、充実感のある仕事。ゆとりある生活を実現し、一人一人が社員であるということに、自信と誇りを持てる企業に育てる。
  3. 常に最新技術、業務ノウハウの習得に励み、他社に無い技術・品質・サービスを提供する。
  4. 人と自然と文明の共存を目指し、環境保護を第一に考え、地球に優しい企業に育てる。
  5. 仕事、人間関係において感謝・誠実・喜びを忘れない。

会社概要

商号 荒木塗装工業株式会社
創業 1949年(昭和24年)4月10日
設立 1958年(昭和33年)11月4日
本社 東京都東久留米市八幡町2丁目12番地
資本金 5,000万円
代表者 代表取締役 荒木 大輔
従業員数 70名
事業所

本社・東京工場 東京都東久留米市

山形工場 山形県寒河江市

事業内容
  1. 弱電機器部品等のノンクロム処理及び燐酸被膜処理等
    アルミダイカスト及びマグネシウムダイカスト製品のノンクローム化成処理
  2. 一般機器部品の金属焼付塗装
  3. 金属類等静電焼付塗装及び粉体塗装
  4. 弱電気製品樹脂部品塗装
  5. 上記に付帯する一切の事業(シルク印刷、ホットスタンプ、樹脂形成、金属プレスetc.)

特記事項

平成2年/8年 県衛生部門優良賞受賞
平成8年 県快適職場No.7事業所認定
平成13年/14年/15年 危険物安全労働局長賞受賞

有資格者

特定化学物質作業主任者 3名
公害防止管理者水質2種 2名
有機溶剤作業主任者 4名
有機溶剤業務教育修了者 5名
乙種第4類危険物取扱者 4名
丙種危険物取扱者 1名
化学物質管理者研修修了者 3名
防火管理者名 3名
乾燥設備作業主任者 2名
産業ロボット特別教育受講者 2名
安全衛生推進者 1名
床上操作式クレーン運転技能 4名
フォークリフト運転技能 8名

その他多数。社内資格保持者60名

生産拠点

最新鋭の自動装置を備え、多品種少量生産に対応する本社工場。
一貫した自動化ラインにより量産体制を構築した山形工場。それぞれの特性を活かし、寄せられるあらゆるニーズにお応えする体制をととのえています。

本社・東京工場

本社・東京工場
荒木塗装工業株式会社 本社・東京工場
〒203-0042 東京都東久留米市八幡町2-12-10
TEL. 042-471-0770(代) FAX. 042-471-3003

昭和24年に東京都中野区にて創業し、昭和35年に現所在地に移転し各種設備の強化整備を行い事業を拡大しました。本社工場・経理など総務の管理機能を備え、国内および海外関連各社を総括する総合拠点です。

山形工場

山形工場事務所/第1工場/第2工場
山形第3工場
荒木塗装工業株式会社 山形工場
〒991-0061 山形県寒河江市中央工業団地2
TEL. 023-786-1210(代) FAX. 023-786-7204

月山、羽黒山、湯殿山の出羽三山を望む山形県寒河江市に昭和55年に建設。東京本社との連携を取りながら、一貫した自動化ラインにより量産体制を構築した第1工場、第2工場、第3工場を有する主力工場です。

グローバル

グローバルな視野であらゆるニーズに対応

ARAKI FINE COATING(A.F.C)がコーティングしたものは、どれをとっても最先端の製品ばかり。
もちろんステージはグローバルです。世界有数のメーカーと世界各国のユーザーとを世界一といえるA.F.Cでコーディネート。それが私たちの誇りであり、大いなる自信なのです。 現在、製品として仕上げたものは国内はもとよりワールドワイドに広がり、世界のいたるところでビジネスや暮らしに役立っています。

国内でのお客様との確かなコミニュケーション体制にくわえて海外とのネットワークの充実は、多様化する製品ニーズに的確に応えるためのマーケティング戦略に欠かせないものです。 国際化がますます進む現代においては、常に新鮮でクリエイティブな製品の提供を目指しよりグローバルな視野に立って行動することが、A.F.Cにとって重要なポイントになっています。